得するひざサポートコラーゲンブログ

ひざサポートコラーゲンは機能性表示食品の認可を受けています。その人気の理由について探っていきましょう。

ひざサポートコラーゲンは過剰に摂取することで弊害はありますか?

on 2017年3月11日

膝関節の曲げ伸ばしを助ける働きがあるのがひざサポートコラーゲンです。

適量というのは、それ以上摂取する必要がないということです。

弊害についてお話しします。

■専用スプーンを使って適量を守る。

ひざサポートコラーゲンは、商品についてくる添付の専用スプーンで1日2杯が適量とされています。

無添加で無臭、何にでもサッと解けて飲みやすいことから、調理などをする際にもついつい入れすぎてしまうという傾向があります。

ひざサポートコラーゲンそのものには、もちろん摂取することでの有害性はありません。

また過剰に摂取したからといって、すぐに異常があらわれるとか健康被害にあうなどといったこともありません。

しかし過剰であると知りつつ長くそれを継続して習慣化してしまうのはやめましょう。

■カルシウムの過剰摂取で尿路結石に。

ひざサポートコラーゲンにはペプチドコラーゲンのほかヒアルロン酸などの有効成分が入っており、ひざ関節の屈伸による痛みを和らげたり、楽にしたりする効果があります。

しかしひざサポートコラーゲンの有効成分の元はカルシウムでできており、これを長年にわたって過剰に摂取しつづけると、尿路結石を起こしたり、血液の流れが悪くなったりして冷え性になるとも言われています。

腰に来る激しい痛みは「尿路結石」の可能性も?・・・http://www.lettuceclub.net/news/article/87578/

何事も過剰であれば悪影響を及ぼします。

注意しましょう。

■ひざサポートコラーゲンを1日3回摂取して過剰になるなら、1回か2回に減らして1日5グラムにしましょう。

超高分子でできているひざサポートコラーゲンは、ひざへの成分浸透が素早く、その分、効き目も早くあらわれるように作られています。

1日に2回摂取すれば十分なようになっているので、できる限りその適量は守っていきましょう。


Comments are closed.